重複ローンの不自由。

マイホームである新築分譲マンションを購入し、今年で九年目になります。実は我が家の住宅ローンは名義も主人と私の共同名義。といいますのも購入時、まだローンがしばらく残っている主人の実家が主人の名義だったことが新しくローンを組む予定だった銀行の調査で発覚したからです。分譲マンションを仮り押さえし、何枚もの契約書に判を押していた最終段階での発覚で私も主人も本当に焦りました。主人は自分の生家の問題にも関わらず無頓着でしたし、当然私は当然寝耳に水です。せっかく見つけた申し分ない物件だっただけに、こんなところで諦めなければならないのかとがっくり肩を落としましたね。しかし幸いなことに先方の銀行が私と主人の二人で名義を持ち、ローンを折半するのであればローンを組むことが可能だと申し出て下さいました。勿論重複ローンを組めない銀行も多数存在する中、私たちは運が良かったと銀行に感謝しました。しかしやはり銀行を撰べないということはローンを撰べないということ。新生活が始まってから気付いたのですが、近所の地方銀行の多くがキャンペーンと題しかなり安い金利で住宅ローンの乗り換えを提案していたのです。現在のローンは変動で1.35%ですが、それらの銀行ですと0.8~9%とかなりお安く金利を抑えることができます。一応相談には行きましたが、やはり重複した住宅ローンの借り換えは厳しいということで、「ご実家のローンを払い終わったらまた相談にいらして下さい」とのお返事。まだまだ身動きできない状態ではありますが、いずれもっとお得な選択が叶う日のために今は情報収集の真っ最中です。